インターネットライブ配信システムMr.CAM トップ Mr.CAMとは よくある質問 お問合せ TVDO.net
インストールと昨日説明

  ・Mr.CAMのインストール
  ・起動画面各部の解説
  ・基本操作の説明について
  ・表示機能の詳細について
  ・IPげっちゅについて
  ・ルーターの接続について

ライブ放送までの設定と登録

  ・ライブ放送までの手順
  ・ライブ放送の基本設定
  ・TVDO.netへのURL登録
  ・ライブ放送ページの登録
  ・映像イメージの詳細設定
  ・ライブ放送ページのリンク

その他の設定 下記項目を設定しなくてもWEB放送は可能です。

  ・画面に文字を入れる
  ・OFFLINE画像の変更
  ・起動画面スキンについて
  ・スキンファイルダウンロード
  ・スキンファイルの変更
  ・オリジナルスキンの作成

ルーターの接続について

ルーター設定につきましては、ご利用のインターネット接続環境に合わせて設定を行って頂く必要があります。ご自身の責任のもとで、設定を行って頂きますので、予め了承下さい。
メーカー・機器等により、IPアドレスの関連付け設定の名称や設定方法が異なる場合があります。設定方法等については、機器の説明書ならびにメーカーホームページをご参考下さい。

光プレミアム CTUのポート開放例 NTT西日本


 ルータ設定(一般例)

1)

「Mr.CAM」起動PCに、固定でプライベートIPアドレスを割り振る。

2)

ルータ機器にてNAT/IPマスカレードなど、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの関連付け設定を行う。

3)

「Mr.CAM」指定通信ポート番号を、送受信可能なようにポートを開ける。

4)

その他、ファイヤウォール・セキュリティソフトがある場合、「Mr.CAM」にての通信の送受信を可能なように設定する。


 用語

ll ネットワーク
ネットワークとは、複数台のコンピュータなどをつなぎ、お互いに情報のやりとりできるようにした仕組み。


ll プロトコル
ネットワークを介してコンピュータ同士が通信を行う上で、相互に決められた通信手順・規約などの集合。


ll TCP/IP
インターネットなどで標準的に使われるプロトコル。


ll グローバルIPアドレス
TCP/IPによるインターネット通信では、ネットワーク上のそれぞれのコンピュータを識別するために、IPアドレスと呼ばれる識別番号を使用。グローバルIPアドレスは、インターネット上で識別され、インターネットの住所のようなもので、インターネットに接続されているコンピュータには、それぞれ違ったグローバルIPアドレスが割り振られる。


ll プライベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)
会社や家庭のLAN内など、ローカルネットワーク内のみで識別されるIPアドレス。ローカルネットワーク内のみでの識別されるIPアドレスで、インターネット上でプライベートIPアドレスは識別されない。


ll ゲートウェイ
同一ネットワーク内のコンピュータ同士は、通常、自由に通信ができるが、他のネットワークにあるコンピュータとは直接通信が行えない。そこで、間接的に通信を行えるようにするための機器をゲートウェイと呼ぶ。ゲートウェイを通して、他のネットワークにあるコンピュータ同士が間接的に通信を行うことができる。このゲートウェイとなるのがルータ機器などとなる。


ll ルータ
一般の家庭や企業など、ローカルネットワークを持つ環境では、通常プライベートIPアドレスを使ってネットワークを組んでいる。しかし、プライベートIPアドレスしか持たないコンピュータからは、グローバルIPアドレスが必要なインターネットへは直接アクセスできない。そこで、インターネットとの出入口にゲートウェイ(ルータ)機器を設置することにより、間接的にプライベートIPアドレスしか持たないコンピュータでも、インターネットに接続することができるようになる。
通常、ルータはプロバイダからグローバルIPアドレスをもらっており、ローカルネットワーク内のインターネットへ接続したいコンピュータに、正式なIPアドレスを貸してくれる。
このように、ルータ(ゲートウェイ)にはローカルネットワーク内側のプライベートIPアドレスと、インターネット側のグローバルIPアドレスを変換するNAT/IPマスカレードという機能が備わっており、これによってローカルネットワークからインターネットへと接続することが可能となる。


ll NAT/IPマスカレード
NATは、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを1対1で変換。1対1でのみの変換では、ローカルネットワーク内に複数台のPCなどがある場合には対応できない場合などがある。そこで、1つのグローバルIPアドレスで複数のプライベートIPアドレスを使えるようするために、NAT/IPマスカレードという機能がある。
1つのグローバルIPアドレスで、複数のコンピュータが同時に通信を行うためにはポート番号が重複してしまう。NAT/IPマスカレードでは、ローカルネットワーク内側のポート番号をプライベートIPアドレスごとに適当に割り当て、通信時にポート番号を変換することで解決する。
このIPアドレスとポート番号の変換は、ルータ機器等を設定することにより設定後は、自動的に行われる。(ルータ機器等のメーカー・機種等により名称・設定方法等が異なる場合がある。)


ll ポート番号
インターネットなど、TCP/IPによるネットワーク通信では、IPアドレスに次いで「ポート番号」という重要な要素がある。IPアドレスは、コンピュータを特定するためのものだが、ポート番号はサービスを特定するための番号。通常、通信では複数のサービス(プログラム)が動いており、それぞれのサービスによりポート番号が分けてある。ポート番号により同じIPアドレスのコンピュータで違ったサービスを同時に利用することができる。
よく利用されるポート番号とプロトコルは以下の通り。


No. Protocol 用途
20 ftp-data ファイル転送(データ本体)
21 ftp ファイル転送(コントロール)
22 ssh シェル:SSH(セキュア)
23 telnet シェル:telnet
25 smtp メール送受信:SMTP
53 domain DNS
80 http WWW
110 pop3 メール受信(POP)
143 imap メール(IMAP)
443 https WWW(セキュア)

ll サーバとクライアント
ネットワーク上でサービスを「提供する」側を指します。一方、サービスを「利用する」側を、サーバに対し「クライアント」と言う。「Mr.CAM」の場合、映像を配信する(サービス提供者)「Mr.CAM」起動PCがサーバとなり、映像を観覧する(サービス利用者)がクライアントになる。
ネットワークは、サーバとクライアントによって構成され、お互いが交信して機能。そのため、インターネット接続環境をサーバとクライアントのお互いが通信の交信ができるように整える必要がある。
映像配信側だけが通信ができても、映像観覧側が通信できなければ映像配信は出来ないということになる。


ll ファイヤウォール
ファイヤウォールは、ネットワークなどへの不正なアクセスを防ぐために使用される。


ll フィルタリング
ルータやファイヤウォールが持っている機能の一つ。送られてきた通信情報をもとに、検査して通過させるかどうか判断する機能。情報には、プロトコルや送信元アドレス、送信先アドレスやポート番号などの情報が含まれており、これを参照して通過するか否かが決定される。どのような方針に基づいて判断するかは、そのネットワークの管理者が任意に設定することができる。


ll セキュリティソフト
セキュリティソフトメーカーによって詳細は異なるが、一般的に「ウイルス対策」「不正アクセス防止」「不要メール防御」「プライバシー保護」などがある。その中で、「Mr.CAM」にての通信が不正アクセスとして扱われないように、セキュリティソフトなどを設定する必要がある

PageTop

| 個人情報保護方針 | 利用規約 | 運営について | 会社概要 | サイトマップ |   
株式会社電脳職人村    Copyright 2006. Cyber Craftmans' Village co,Ltd,.All Rights Reserved.